loading

People

西垣 孝行
Takayuki Nishigaki

マーケティングサブマネージャー

森ノ宮医療大学 臨床工学科 准教授(臨床工学技士/応用情報科学博士)
NPO まもるをまもる 代表理事 応用情報科学博士
臨床検査技師
Morinomiya University of Medical Sciences, Department of Medical Engineering, Associate
Professor, C.E., Ph.D.
NPO mamoru2

"1977年生まれ、大阪出身。特技スノーボードクロス。
2000年から国立循環器病研究センターで17年間、臨床工学技士として従事。人工心肺や補助循環などの臨床業務と並行して博士(応用情報科学)取得、また7年間医工連携に従事、感染予防用アイガード「パラシールド」を商品化。経済産業省の始動Next Innovator2016に参加(シリコンバレー派遣組み20名に選抜、最終プレゼンターに選出)。
2017年経済産業省医療福祉機器産業室を経て、2018年に森ノ宮医療大学に着任。
2019年「医工デザイン融合」をコンセプトに、命を守っている人を守るための新しい構造を創る「NPOまもるをまもる」を法人化。
命の現場の課題をアートで切り取り、産業界の付加価値としてサービス応用にトライするプラットフォーム「evaGraphy」を開発(12月14日にローンチ)。
「熱中対策ウォッチ」の商品化、日本臨床工学会医工連携アワード受賞。医工連携関連の講演活動多数。

CancerX、臨床工学技士100人カイギ発起人、医療職100人カイギのクラファンを主導、プラスメディカル、聖マリアンナ医科大学病院(医療人2030育成プログラム)、大阪デザインセンターの「いのちと元気のために、デザイン」プロジェクトなど、医療者が集まって新しい取り組みに挑戦する「出島」を造っている。夢は、日本全国の病院にISO56000シリーズのイノベーションマネージメントシステム(IMS)を導入し、医療者一人のアイデアが速やかにイノベーションへつながる未来を実現すること。"

所属チーム
JAM全体総括マーケティング渉外
PageTop

PageTop