loading

People

上野 直人
Naoto Ueno

CancerX 共同代表理事・共同発起人|監修・UICC・万博マネージャー

MDアンダーソンがんセンター 乳腺腫瘍内科教授
The University of Texas MD Anderson Cancer Center, Department of Breast Medical Oncology, Section Chief of Translational Breast Cancer Research, Executive Director or Morgan Welch Inflammatory Breast Cancer Program
M.D., Ph.D., F.A.C.P.
CancerX 共同発起人・共同代表理事
CancerX Co-founder, Co-representative director

1964年、京都府に生まれる。1989年和歌山県立医科大学卒業。ピッツバーグ大学付属病院にて一般内科研修後、米国内科専門医取得。テキサス大学MDアンダーソンがんセンターにて、腫瘍内科医として、研修。米国腫瘍内科専門医取得後、 現在はMDアンダーソンがんセンター教授。腫瘍分子細胞学博士。専門は、炎症性乳がん、転移性乳がん。標準的な治療方法の開発から、新しい免疫・標的治療の開発まで、がん治療の先端を担う。がんの治療効果を最大にするために必要かつ最適とされるチーム医療(チームオンコロジー)の推進にも力を入れ、日本でも医療従事者向けの教育活動を行う (www.teamoncology.com)。患者の主体性を高めるために「最高の医療をうけるための患者学」(講談社「一流患者と三流患者:医者から最高の医療を引き出す心得」(朝日新書)を書く。

所属チーム
イベントネットワーキング戦略企画渉外監修
Cancerストーリー

43歳で「悪性線維性組織球腫」。49歳で骨髄異形成症候群、54歳で幹細胞移植を受ける。

twitter @nuenojpn: https://twitter.com/nuenojpn
「病、それから」上野直人さん(米腫瘍内科医)「どう生きたい」を問う病: https://www.47news.jp/2958896.html?fbclid=IwAR3eZN6BIjRgQnWrm0npOYujpsX3ieXxm4wcbJWjvPwo0t-Tp_8sHF_ULkM

PageTop

PageTop