loading

People

山田 眞佐美
Masami Yamada

広報サブマネージャー

大阪国際がんセンター看護師長
学士(学術)
立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科博士課程後期課程在籍中
第一種衛生管理者 
全日本ダンス協会連合会 認定ダンス教師
Head Nurse,Osaka International Cancer Institute
Master of Arts and Sciences
Clas-1 health officer's license
Certified Ballroom Dance Teacher,All Nippon Association of Dance

がん専門病院の看護師長。看護師免許取得後よりがん医療に従事。看護教員歴11年。立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科博士課程後期課程在籍中。患者を支える看護師が働き続けられる職場環境マネジメントを研究中。日本看護協会出版会 新型コロナウイルス ナースたちの現場レポート 162人が激動の2020年を語るp706-708 「歴史に残る看護師の働く美しい姿」執筆。内閣総理大臣認可 社団法人全日本社交ダンス協会連合会 認定社交ダンス教師

所属チーム
ネットワーキング広報・IT政策提言監修
Cancerストーリー

2003年、前立腺癌多発転移の父を自宅で家族で看取りました。予後1週間と告知されていましたが、無治療で1ヶ月間、地域の中で幸せな最期を過ごすことができました。2008年、MDアンダーソンがんセンター主催の合宿研修でがんチーム医療を学び、臨床で実践しています。2013年、自分ががんを経験。がん医療者、がん患者の家族、がんサバイバーの3つの視点から、様々な立場の人で構成される、がんと言われても動揺しない社会を目指すCancerXに無限の可能性を感じています。

PageTop

PageTop